街角相談所-法律- 無料シュミレーター

 

債務整理 個人信用情報

債務整理をすると信用情報機関に登録されます

 

さて、債務整理をしたいと思っている方は少なくは無いでしょう。借金を一度してしまうと、人間というのは甘い誘惑にどんどん騙されてしまい、そのままズルズルと他の場所からも借金を増やしてしまうのです。

 

そして、非常に注意しなければいけないのが、多重債務者になってしまい、そのまま借金を返済できなくなってしまう事。こうなってしまえば、もう大変な事になります。

 

そこで、多くの方の取る方法が債務整理なのです。債務整理をすることにより、サラっと今までの苦しみが嘘かのように無くなります。しかし、気になるのが、債務整理は信用情報となるのでしょうか?では、ここでは債務整理の信用情報機関への登録の有無を見て行きましょう。

 

信用情報機関には登録されます

債務整理をする…と、いうことは借金を重ねてしまい、最終手段としてこの方法を取ったということになります。

 

しかし、難しいのが、結果的には債務整理は信用情報機関に登録されてしまうのです。そして、延滞などの情報も全てここには集約されます。

 

情報が無くなるのは数年後です

信用情報機関に登録をされてしまうということは、通常のローンが組めません。多くの場合は、こういったローンが不可能になります。

 

しかし、注意しておかなければいけないのが、ちゃんと信用情報機関から情報が消える年数があるのです。大抵、7年後などと言われています。しかし、これはハッキリと分かっている事ではありません。

 

借金はしない事が一番です。

債務整理をする事で、借金が出来ないのは、逆に良い事です。繰り返して借金をするのは、愚の骨頂です。落ち着いてください。きっと冷静になればもっと良い方法が見つかると思います。

 

今ある借金をどうすれば良いか??について、当サイトトップページも参考にして下さい。

 

債務整理 個人信用情報 トップへ戻る