街角相談所-法律- 無料シュミレーター

 

過払い金は行動が大切

過払い金は黙っていて返ってくるものではありません。
過払い金ですが、任意整理の延長にあたる手続きで、過払い金を主張してもすぐに戻ってくるわけでも、必ず戻ってくるわけでも、自動的に戻ってくるわけでもありません。

 

ではどうすれば戻ってくるのか??ですが、「あなた自身が行動を起こす事」が大事になります。

 

まず、おおまかな行動の流れについて説明しますと、

 

  1. 貸金業者など債権者へ取引開示請求
  2. 取引開示書類を元に引き直し計算で、過払い金が発生するか計算する。
  3. 請求書を作成し、各債権者へ内容証明で書類を送付する。
  4. 少し様子を見てから、交渉するかもしくは裁判を起こし請求手続きを行うかを決める。

 

といった流れになり、まず最初に各債権者へ取引履歴を請求するところから始める事になるのです。

 

しかし、債権者へ取引履歴を請求すると、使用目的を聞かれたり、債務整理を勘ぐられたり、何かとあなたの邪魔をする事、考えを変えるようにされる事もあったり、逆に督促されたり、ひどい場合には脅迫される事もありますので、手続きに入る事ができない事もあります。

 

そんな事にならないように、あなたが過払い金の返還請求へと行動を確実に起こせるように、あなた自身で行動するのではなく、借金問題に強い専門家にきちんと相談に乗ってもらい、あなた一人で不安にならないようにフォローしてもらう事が大事です。

 

そのため、上記のように手続きの流れを自分でしようなどと思わなくて良いのです。むしろ、あなたのそばにはいつでも安心して相談できる人がいて、そして頼りになる人がいると思えるような状況を作る事に集中するのが良いです。

 

よって、まず始める第一歩としては、「あなたが信頼おける代理人を探す事」で、そのために活用したいのが、「弁護士や司法書士の無料相談の機会」です。

 

あなたは決して一人ではありません。弁護士や司法書士へ相談し、受任に至れば、あとはすべて手続きを任せるだけです。督促行為も規制されるので、あなたのところへ債権者から連絡がくる事もありませんので、心配無用です。

 

あなた自身が行動を起こし、そして借金から開放される未来へと繋がりますように。

 

当サイトでの情報提供がお役に立てれば幸いです。