街角相談所-法律- 無料シュミレーター

 

債務整理 デメリット

債務整理とは、借金に苦しむ債務者救済のために設けられた、法的に認められている方法の総称の事です。

 

債務整理を通じて、あなたの借金が減ったり、返しやすくなったり、もしくはチャラになったり、場合によっては、払い過ぎた利息が返還されるという手続きまでありますので、各債権者の個々の状況に応じて手続きを決めていく事になりそうです。

 

では、まず債務整理の手法と簡単な意味、そしてデメリットについて見ていきましょう。

  • 任意整理

    債務者と債権者の間で民事的な和解を行う事、法的(裁判所)の介入はなく、債務者の代わりに代理人として司法書士や弁護士が手続きや交渉を仕切る事もあります。

<任意整理のデメリット>

  1. 信用情報に異動情報(=一般的にはブラックリストとも呼ばれる)の報告が行われます。これでクレジットカード、ローン関連の審査、消費者金融などのキャッシングの審査に影響を及ぼし、審査に通らない可能性がありますし、個人情報に傷がついている状態と言えそうです。
  2. 和解を履行しない場合、和解契約書が債務名義となり、支払い督促や強制執行(=給与の差押えなど)の手続きを行われる可能性、過怠約款と呼ばれる違約規定が定められると将来の遅延損害金(=延滞利息)が発生するので、任意整理前の借金と同じく返済が苦しい状況になりかねません。

 

  • 自己破産

    裁判所に免責事項決定をいただく事で、借金をチャラにする事ができます。

<自己破産のデメリット>

  1. 一度自己破産の免責決定を受けると、以後7年は自己破産を行う事ができませんので、無いかと思いますが、借金を繰り返すと生活に及ぼす影響は甚大です。
  2. 任意整理と同様、信用情報へ異動情報が登録されますので、各種カードやローン審査に影響があると思って下さい。
  3. 少額管財手続の場合、自分の財産を勝手に処分するのは許されなかったり、居住地の変更、郵便物を閲覧されるなど、日常生活の一部制限を加えられる事がありますが、手続きがすべて完了すると制限は解除されます。
  4. 官報に破産した旨の公告がされますが、誰でも閲覧できると言っても閲覧する人はごく稀ですので、デメリットと感じるかどうかは別です。

 

  • 民事再生

    民事再生計画を作成し、債権者の同意を得られると、再生計画に基づき借金返済を始めるのですが、大幅に借金がカットできるのと、住宅や車などの資産を守りながら手続kができる点が特筆すべき点です。

<民事再生のデメリット>

  1. すべての借金が免責されるわけではないので、借金の内容によっては有効な計画にならない可能性があります。

    ※除外の借金には、養育費、損害賠償金、税金、罰金、住宅ローン、100万円以下の借金に対しても除外できません。

  2. 他の債務整理と同様に、信用情報には異動情報の登録がされるので、各種ローンやカード審査に影響があると思って下さい。
  3. 官報に民事再生の手続をした旨の登録をされますが、破産同様、誰もが閲覧できても、する可能性が低いと言えます。

 

  • 過払い金返還請求

    不当利得返還請求権にもとづき、利息制限法を超える利息で借り入れし、支払いしていた場合に、払い過ぎた利息を返すように要求する事。

<過払い金のデメリット>
実は過払い金の請求にはデメリットがありません。過払い金は信用情報の登録も正常登録(=完済報告)で、異動情報の登録もありません。また、借金がある場合でも、引き直し計算で利息制限法で計算し直していく事で、借金がゼロになりますし、支払いする事もありません。一番最強の債務整理の手続と言えます。

債務整理 メリット

続いて、各債務整理のメリットについて見ていくのですが、債務整理全体のメリットと言えば「今の借金返済が軽くなったり、支払い義務がなくなる」というのが最大のメリットと言えそうです。また、手続きを弁護士や司法書士に依頼すると事件を受任する事となり、受任された後は「債権者は債務者に督促行為を行う事が制限されます」ので、精神的にも安定感が増します。

 

各債務整理の説明は、上記のデメリットの部分と合わせて紹介していますので、それらを確認頂くという事で、ここではメリットだけをみていきます。

<任意整理のメリット>

  1. 将来利息がゼロとなり、確定和解でその分を完済すれば、借金から開放されるので、利息がない分支払い安いはずです。
  2. 一部利息制限法を超える契約で取引をしている場合、引き直し計算の結果、借金(=元金)が減る事があります。

 

<自己破産のメリット>
借金がチャラになりますので、今後の支払いに悩む必要がなくなりますし、生活再建までの時間短縮が可能です。

 

<民事再生のメリット>

  1. 再生計画が認可されると、大幅な借金の減額が認められて、3年以内で返済できる計画が経つので、将来設計しやすくなります。
  2. 自宅や車といった資産を手放す事なく、手続きができるので資産を失う事もありません。

    ※民事再生ができる対象者には安定した収入があるなど制限がありますので、確認が必要です。

 

<過払い金のメリット>

  1. 払い過ぎた利息が戻るので、生活再建の資金になります。
  2. 信用情報の登録に影響なく、通常どお取引を終えた事となりますので、借金から開放されるだけでなく、何の不安もなく債務整理ができる点がメリットです。

 

上記の通り、債務整理にはデメリット、メリットの両方がありますが、借金問題を解決したい方にとっては、メリットの方が計り知れないくらい大きいですので、手続きを進める事をオススメします。もしその場合に自分で手続きができない、誰かに相談してから決めたい・・・・と不安がある場合は、まずは借金相談を最寄りの弁護士や司法書士に行ってみるのも良いかも知れません。もし事務所をどこにしようかと迷うようでしたら、当サイトのトップページにてオススメ事務所などをまとめていますので、参考にして下さい。

 

債務整理 デメリット トップへ戻る